記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月19日 第4回審尋が行われました。

【ご報告】
10月19日、山口地方裁判所岩国支部で、伊方原発差止仮処分の第4回審尋が行われました。

この日は、約1時間かけて、この仮処分の各争点ごとに裁判所から当事者双方に対し、かなり突っ込んだ質問が多く出されました。全体的な印象として、裁判所も大量の記録をよく読んでおり、この事件に正面から取り組んでいるという感想を持ちました。

来年2月に予定されている愛媛大学名誉教授の小松先生の尋問について、弁護団から、参考人ではなく証人として、尋問させてほしいと申し入れました。もし証人として尋問することになれば、公開の法廷で一般の方、報道関係者にも傍聴してもらうことが可能です。裁判所からは、検討するとの返事で、次回12月15日の審尋で、最終決定の予定です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。